LGBTの理解を
1冊の絵本から
SDGsの目標5
【ジェンダー教育】
子供に楽しく性教育ができる絵本を届けたい!

絵本でジェンダー教育!

アメリカの大学で「家族トイレ」を「あらゆる性」のためのトイレと写真のような表示への変化を取り入れ、そこからアメリカ国内へと広がっていきました。この「ニュートラ ル」なトイレは、家族(異なる性の親に付き添われることを必要としている子ども)にとっても、ハンディキャップをもつ人々(いつも彼らとは異なる性別の人々の援助を必要としているかもしれない)にとっても、心強いものとなりました。このように世界ではジェンダーニュートラルな時代へ向けて様々な取り組みが行われています。

このプロジェクトは絵本を通して、若い世代や子どもたちがジェンダーニュートラルな価値観を持った上で、同じ人間としてマイノリティを区別する事なく、お互いを尊重できる世界にする事を目的としています。親御さんやこれまでの概念を強く持つ大人も、新しい時代を知る足がかりとして頂けたら嬉しく思います。 また、性教育に関して難しいとされてきた日本の教育現場の、新たな視点からのアプローチとしてもサポートしていきます。日本国内、更には世界中の子どもたちへ絵本を届け、多様性を認め合える世界を目指しま す。

PR&ACCESS